入社までのこと(鳥編)

入社までのこと(鳥編)

初めまして。新入社員の……名前はえーと、苗字が鳥系なので鳥と名乗りますね。
ブログ担当のYさんの同期にあたります。新人なのでひよこです。ぴよぴよ。
自分もYさん同様入社までのこと書いてね☆と命令を受けましたので書いてみますね。

・これまで

鳥は生まれも育ちも名古屋近郊のバリバリのだぎゃーっ子です。
(実家の冷蔵庫には三種類は味噌常備してあると話したら会社の人にドン引きされたんですが、特殊なんでしょうか?)
大いなる田舎と揶揄されることも多い名古屋。
地元志向……というか、態々東京や大阪に出なくとも程々に暮らしていける程度には整っている名古屋。
だから、鳥もずっと名古屋で働き鳥としてあくせく働いていました。

・なりゆきだった

ところで、鳥が名古屋を出ようと思った切欠は、大したことじゃありません。
他の人は「自分を変えたい」とか「東京でやりたいことがある」とか立派な志をお持ちなのかも知れないけれど、鳥の場合は漠然とした東京への憧れです。
「でも東京は家賃高いしなー。一人暮らしも大変だしなー」
とか、適当なことを考えてたんです。怒られますね。

だから前職を辞めて仕事を探そうと思った時に、
「(寮や社宅付きで求人出してる会社のうち)三社に応募してみて駄目だったら大人しく名古屋で仕事探そう」
なーんて、軽い気持ちで応募したんです。
結果は2件書類選考でお祈りメール。そして、最後の一件の『アスカ』さんに書類選考通過の連絡電話を頂いたんです。

私:「それで、面接はどちらに伺えばよろしいでしょうか?」
担当者:「あ、うちの細貝が名古屋に行きますので名古屋駅で面接しましょう」
私:「えっ?!(素)」
なんと担当者が名古屋に来るというのです。
千葉か東京に行くつもりで居たのでびっくりです。
それよりも──。

え、ちょ、細貝って……なんか社長って書いてあるんですけどー!?

別の意味で緊張しました……。本当に冷や汗が止まりませんよ。

「こだまって時間かかるねー」
「そうですね、静岡で心が折られます」
そして肝心の面接なんですが新幹線の話題で和やかな雰囲気からスタート!
細貝社長はとても朗らかでフレンドリーな方で、お陰でほとんど緊張することなく面接することが出来ました。

ただ、総合事務での求人だったんですけど実はITだったんですよね……!!!
事務職やる気で居たので戸惑いました。
でも、折角名古屋まで来て頂いたし新しいことにチャレンジして失敗出来るのも20代のうちだけだと思ったし何よりも、細貝社長の人柄に惚れて入社を決めました。
これも、何かのご縁だと思いましたしね。

・関東なう

ということで、鳥は関東なうです。
関東にきて、今日で丁度二週間。
東京は何処も人が多いですね、あとポケストップも。

寮は千葉県鎌ケ谷市(ふなっしーで有名な船橋市のお隣です!)にあるので、浅草橋事務所まで毎朝総武線に乗って通勤しています。
いやー、ほんと……満員電車つらい。潰される。初日なんか酸欠の金魚状態で必死に上向いて呼吸してましたもん。
満員電車がしんどい以外は関東での一人暮らしは楽しく過ごしています。

ちなみに寮はマンションの一室を利用したシェアハウス式です。
4LDKの部屋で其々鍵付きの個室で暮らしているので結構のびのびと暮らしています。
共有スペース(キッチンやトイレ、風呂や洗面所等)に出る時は気を使いますが、結構快適です。(構造が良いのか生活音も聞こえません)
一人暮らしでも寂しくないですし、寮に暮らすのは趣味も似たり寄ったりの同性ばかりなので学生時代に戻ったような雰囲気で結構楽しい。

仕事の方は……Excelのマクロを鋭意お勉強中です。
英語全くダメだった人間なのでよくスペルを間違えて「間違ってるよバーカ!」とシステムに怒られますが、無事マクロが動いてくれた時は達成感があります。
戸惑いだらけの新生活ですが、マイペースに頑張っていこうと思います(´∀`∩

それでは皆さまご機嫌よう。

HP編集のお話。

HP編集のお話。

こんにちは。Yです。アスカで学べることは様々で、代表的なものはExcelVBAです。が、今回はちょっと変わりまして、Web制作関係の話でもしようと思います。

HPの編集お知らせ

というのも、ブログ更新だけではなく、このアスカHPのちょっとした編集も任されたからです。ブログ以外の部分をはじめていじりました。デザインを思いっきり変えたり、書いてる内容を一新したりはしないです。ただ、抜けていた部分ですとか、過去のお知らせですとか、そういう部分をちょこちょこっといじるのです。

難しいかなーと思ってましたけど、そうでもなかったです。まあ、それは単純に「簡単にサイトが作れます」ってサービスを活用しているからなのですけど。最初から最後まで全部自力でやろうとすると、また新しい知識が必要になります。HTMLってやつですね。

本日は、会社の事業所情報や個人情報取扱ページなどを編集させていただきました。

拠点情報はページに飛べばすぐ分かると思うのですけど、お暇なら見てみてくださいな、マップを追加いたしました。今後の拠点となります、浅草橋事業所のマップです。駅のすぐ近く、歩いて1分もありませんが、駅のまわりは建物がたくさんですからね。事務所に来る方のご参考になれば幸いです。

他の事業所のマップも出せたらいいかな?と思いましたけど、すぐ思いとどまりました。マップの埋め込み自体はとても簡単なのですけど、情報量が多いとダメなんですって、こういうの。

「見やすいHP」って?

さあ、任せてもらったからにはそれなりに頑張りたいですよね。ということで見やすい形を維持できたらなと思います。

そういうわけでマップなのですが。これをひとつのページにいくつも埋め込むと読み込みが重たいし、ページそのものも長くなってスクロールに時間がかかっちゃいます。なので、今後メインの事業所になる浅草橋のみ。

だって5個以上事業所がありますからね、全部にマップを入れたら結構場所を取るのです。そんなに長いと見るのが面倒でしょう。私だったらなんか多いな~って思います。

画像と文のバランスって、レイアウト以上に大切なんじゃないかと思います。言っておきながら自分は長文になる癖があります。きっと読みにくい。改善できるといいですね。

イラストも多めに挟みたいところですけど、私はイラストがなく文字が多い方が読み進められるタイプなので…感覚が分からず。サイトを構成しているコード、読み解けたら楽しいだろうな。それはそれとして、いらすとやさんの絵は可愛いので使います。

 

では、本日はこの辺りで終わります。目を通してくださった方、ありがとうございました。

カラオケに行きました。

カラオケに行きました。

こんにちは。ブログ更新担当のYです。

7月17日。業務終了後、お誘いを受けまして、アスカという会社を作った方の奥様とカラオケに行ってきました。他にも数名、社員の人たちもご一緒です。今回はアスカから数名、プライムハートから数名、合計で7人となりました。

株式会社プライムハートは、たくさんあるグループ会社のひとつです。アスカの姉妹会社みたいなものでしょうか?つまり、アスカ社員の私にも身近なところにある会社さんということです。

ちょっと緊張していましたが、歌うのは大好きなのでお邪魔することにしたのです。歌っていると全く別の人間になれるような気持ちよさがあります。

初めてのパセラ

初めてのパセラ 初めてのパセラ

本日行きましたのは、秋葉原のパセラです。駅のすぐ近くにあるお店ですね。実は私、カラオケは好きなんですけどパセラは行ったことがなかったのです。お店がまず綺麗でした!あと、これは秋葉原だけなんでしょうか?フロントにコスプレ衣装がありました。すごい…。田舎者丸出しの感想しか出ません。すごい…。

個人的に興味があったのはボードゲームも置いてあるところでしょうか。キャッチョコありました!ご存知でしょうか?しかしまあ、今回は歌いに来たのでボードゲームはまた今度です。同じ趣味の人と行ったときに是非ともお借りしましょう。

さて、私はカラオケというと「暇なときに歌いたくなったら遊びに行く」という場所でした。けど、この日は業務終了後に直行でしたので…つまり皆さんお腹が空いているのです。もちろんご飯を頼みます。コースですよ。すごい…。がっつりです。もうこれはカラオケというより宴会なのでは…?豪勢でありました。厚めに切られたお肉を久しぶりに見ました。

コース料理

食べかけの写真しかないのは食べ進めてから「食べ物アップの写真撮ってねえな」と気付いたからです。空皿になる前に気付けて良かった。

コース料理でしたので、サラダもありましたし、後からチャーハンも来ました。ちょっとしたパーティに参加している気分です、どれもこれも美味しかった。個人的にはサラダとチャーハンがいっとう気に入りましたね、サラダはさっぱりしててお肉と相性が良かった。チャーハンはにんにくのチップがちょこちょこと入っていて香ばしかったです。お米もぱらぱらで脂っこさがない。パセラ、すごい。

パセラの名物

ところで、パセラと言えばハニートーストですよ。もちろん食べたのです。

はにと

実を言うと、ハニートースト自体、実物を見たことがなかったので…。思ったより大きい、というか食パンひとつそのままなんですね。これは大人数でわけること前提のデザートだぁ。今回頼んだのはチョコとアイスとバナナが乗っているものです。名前なんだっけ…?メニューにどどんと大きく乗っていましたので、オーソドックスで人気のメニューなのかな?

これも美味しかった!ハニトーと言うと「甘い!」ってイメージが先行しますが、それほど甘くはなかったですね。甘いんですけど、食べてて飽きるほどの甘さはない。自分は甘すぎるものは苦手なので、これは嬉しかったです。もちろん、この量をひとりで食べようとしたら大変でしょうが。今回はなんてったって7人ですからね。楽しくおいしく完食いたしました。

みんなの趣味の話

なんだかご飯の話ばかりになっていますが、ちゃんと歌ってきましたよ。

初めての人と行くカラオケって、なんだか緊張しませんか?なに歌えばいいのかな~ってさぐりさぐりになるというか…。そういうわけで私も皆さんの雑談に耳を傾けまして、どんな曲を知ってる人たちなのかな?ってチェックしようとしました。

結果、みんなジャンルがバラバラだな!って思ったので好きなの歌うことにしました。まあカラオケってそういうもんですよね、盛り上がって楽しめばいいのです。皆さんも好きなのを好きなように歌っていらっしゃいました。

選曲のラインナップ見て、周りの声を聞いてるだけでおもしろいですよ。まずディズニー、次にボカロ、アニメ曲が入って…。あとあの、椎名林檎さんの曲も入りました。米津玄師さん曲も。当然私の知らないアーティストさんの曲もありましたし、誰もが一度は聞いたことがあるような曲もありました。自分の知らない曲が入ると歌詞やタイトルで検索して原曲探しません?私は探してました。

あと、あと、とにかく皆さん歌がお上手でありました。プライムハートにはカラオケ同好会なるものがあるそうで…雑談ばかりだと笑っていましたが。デスボとシャウトも披露してました。これ結構難しいんですよね。

奥様は洋楽も多く歌ってらっしゃいました、英語だめだめの私はひたすらに「すごいなぁ」と…。歌えるとかっこいいですよね、洋楽。どんなものであれ、歌うのが好きな人の声は聴いていて気持ちがいいものです。

歌っている人の写真も撮ればよかったですね、踊ってる人もいましたし、ちょっともったいないことをした。次回があれば撮っておきましょう。あと歌える曲を増やしておきましょう。

 

それでは、今回はこの辺りで。目を通してくださった方、ありがとうございました。

 

7月帰社会議のお話。

7月帰社会議のお話。

こんにちは。ブログ更新担当のYです。

さっそくですが、本題に。7月の帰社会議に参加してきました。

帰社会議の話

おいしかったですよ!

帰社会議

毎月第二金曜日の夜に予定されている帰社会議。アスカの帰社会議は、親会社にあたる株式会社ソフィアの皆さまと一緒に行います。ちなみにこれも強制参加ではありません。参加できる人はどうぞ、というもの。会議…というとなんだか厳めしいような、そんな気持ちにもなりますが、結構ゆるいのかも。

もちろん真剣なお話も最初にしますよ。最近は不況についてのお話でしょうか。皆さんのお給料に響くかもしれない大事なお話です。けどまあ、ひとつその真剣なお話が終わりますと、次は社員さんのお誕生日お祝いと、今後のイベント情報と、みんなで食べる今日のご飯の献立のお話と…、です。カクテル勉強会とか、ダーツ会とか、バドミントン大会とかあるらしいですね。興味があるものには積極的に参加してみたいものです。私はお酒にとんでもなく弱いし、運動もてんでダメなのですけどもね。つまりはまあ、楽しい会議でございます。

さてさて、帰社会議で振る舞われる食事は、どうやらソフィアの方が作ってくださっているご様子。この日は梅とシソのおにぎりと、サラダと、鶏肉を…揚げたのかな?焼いたのかな?私自身に料理のスキルが全くないので分かりませんがとってもおいしかったです!写真にある通りお酒も出ます。日本酒飲んでる人もいましたね。会社ぐるみのご飯会と言った方が正しい気がする。

やあ、お酒が入るとお喋りになるとはよく言いますが、この日はいろんなことを聞けました。主に個人の趣味のお話ですね。大勢の人が集まれば、聞いたことのない話も耳に届くものでしょう。ですがとりあえず確実に言えるのが、アスカのメンバーの半数以上がオタクだこれー!ということでした。あ、私もそうです。えへへ。もちろんオタクじゃない人だっていますよ。けどそこに偏見も差別もないのです。素晴らしいことです。

ええと、アニメとゲーム、ライトノベル…ジャンルは違えど、皆さん一途にだいすきな物があるようで。将棋が趣味という方もいました、社長さんも嗜むようで、お話が弾んでおりましたね。一緒に頑張るお仕事仲間のことを知る良い機会になりました。ちなみに私と似たような趣味の人もいました。TRPG…って言って分かる人はどれくらいいますでしょうか?残念ながらシステムは被りませんでしたが、語り合える同士がいるというのは良いことです。私はクトゥルフとネクロニカとステラナイツが好きです。

私が帰ったのが22時ごろでしたが、まだまだ残るぞ、という方も多くいらっしゃいました。楽しい楽しい会議です。帰り際にバイオハザードの話が耳に届いてきました。バイオハザードは4より前の作品がいい!と熱く語っていらっしゃいました。ホラーゲームはアクション性強くない方が、ドキドキできて楽しいですよね。ちょっぴり同意します。

外はもう真っ暗、駅から離れると静けさがやけに目立つような、そんな気分になりました。この日は残念ながらあまり天気はよくありませんでしたが、雲と被ってぼんやり見えるお月さまはなかなかでしたよ。楽しんだ後に歩く静かな夜道が、私は好きです。

まだまだおもしろいお話を聞けたと書き綴りたいところですが、長くなるのでこの辺りで。来月の会議にも参加できたらいいですね。それでは、目を通してくださった方がいましたら、ありがとうございました。

勉強会のお話。

勉強会のお話。

こんにちは。先日自室の畳にカビが生えていることに気付きました、ブログ更新担当のYです。梅雨はこういうことが起きるので困ります。帰りに100均でお掃除道具を買いましょうね。

では。木曜日、7月11日に初めてExcelVBAのお勉強に参加したので、メモ兼ねて書いていこうかと思います。

VBAって何?

VBAって何?

 

というかそもそもVBAってなんですか、という気持ちもあります。マクロとかVBAとか、名前は聞いても内容はさっぱり。

さて簡単に調べますと、VBAはマクロを動かすためのプログラムだそうです。で、マクロはいろんな操作を自動化してくれる機能のことだそうです。なんのこっちゃ。つまりはVBAが理解できるとExcelでの作業が簡単になりますってことです。これだけ分かってればいいんじゃないかなぁ?そういうわけで私は「そういう名前なんだナァ」というくらいしか考えないまま勉強会に行きました。

初めての勉強会

初めての勉強会

ちなみになんですが。私はこの勉強会に自主的に参加しています。実を言うと私の業務には今のところVBAの知識とかいらないので、勉強しなくてもまあいいんですよね。単純に、個人的に興味があって、ついでにこういうものを学ぶのが好きってだけです。無料だし参加しよ!という気持ちで参加しました。ええ、VBAできるようになればもっといろいろお仕事できるのでしょうけどもね。ちょっと先の話かな。

そういうわけでして、事前知識も皆無に等しい、初心者も初心者の私に与えられた一番最初の課題。それは「A1セルに文字を入力する」でした。

ぱっと見ただけでは、Excelのシートにそのままぽんっと入力すればいいんじゃないの?ってなります。そうではなくて、VBA、つまりはプログラムの方を動かして、その結果、シートのセルA1に文字が入力されればオッケー。わざわざそんな手順踏まなくてもいいじゃん、って思わなくもないですけど。課題ですからね、積み重ねは大事です。

こういうものを繰り返して、プログラムのソースコードっていうものが書けるようになるんでしょう。気になった人は「ExcelVBA」で検索してみればいろいろ出ますよ。それか是非、アスカのお勉強会に参加してみてくださいな。毎週木曜日の19時からです。ぜひぜひ。

触ってみた感想

触ってみた感想

 

 

…さて、ぼちぼち最初の段階は理解できたな、とは思ってます。ただ、プログラムどうこうExcelどうこうの前に、私ってば英語がとんでもなく苦手なんですよね。中学生最後の英語のテストで100点満点中19点とか取りましたからね。ちなみに高校時代は英語の授業をそもそも受けていません。なので英語力はお察し。でもプログラムってパソコンが理解できる言葉で書いてあげなくちゃいけないので、日本語で入力できないんですよ。ぜーんぶ英語です、単語と決まりさえ分かっちゃえばなんとかなるかもしれませんけど…それまでが長い。うーんどうしたものか。

「セル」って英語で書けます?「cell」なんですけど。私は「sell」って書いてました。当然エラー吐かれました。先が思いやられますね!でもちょっと得したこともありました、VBAではセルや文字の色も指定できるんですけど、これにRGBが使えるんですよね。パソコンやアプリでお絵かきする人は馴染みがあるんじゃないでしょうか?私も趣味で絵を描くもので、これはラッキー!という気分でした。思わぬところで思わぬものが役に立ちます。

ちなみに、セルは細胞のことです。Excelのシート、四角がいっぱい並んでるように見えますよね。細胞が並んでいる形になぞらえて、セルという名前が付いた…らしいですよ。VBAでも、セルを指定するときには普通に「Cell」って使います。…でも「Range」でもできます。「レンジ(範囲)」での指定ですね、複数範囲のセルを一度に選べます。こういう部分は英単語の意味が分かるとスムーズなんじゃないでしょうか?私はゲームでレンジって言葉を知りました。

そうそう、お勉強会のときにおにぎりとお菓子を恵んでもらいました。やったね。食費が浮きます。

まだまだ触ったばかりで、使いこなせるようになるまでは遠いです。でも、知らないことを学んでいくのは好きです、楽しいです。ちょっとパソコンの画面とにらめっこしすぎて目と腰が痛みますが、参加している人も教えてくれる人もみんな穏やかな方々で、気持ちの方は全然疲れていません。これなら続けられそうだなぁ。

また次回の勉強会を終えたら、書こうかなと思っています。それでは今回はこの辺りで。目を通してくださった方、ありがとうございました。

入社までのこと。

入社までのこと。

ご挨拶

はじめまして。今後ブログの更新を担当する予定になりました。名前の頭文字とってYとさせていただきます。

はじめにご挨拶を兼ねて、アスカさんに入社する前のお話を簡単に書こうと思います。

アスカ入社まで

私が最初に応募したのはアスカさんではなく、株式会社ソフィアという会社でした。株式会社アスカの親会社にあたるところです。当時は福島県の郡山市という場所に住んでいまして、ハローワークを通してソフィアさんのことを知り、応募してみたのです。どうも、ソフィアさんは郡山に事務所を出そうとしているところだったみたいですね。

入社前に雰囲気だけでも、ということで、ソフィアの方はわざわざお話を聞かせてくれる時間を設けてくださいました。それが5月の初めの頃の話です。千葉にまで出て行って、私にしてはとんでもない長旅でした。

結果から言ってしまえば、私はその時点で「縁がなかった」ということになります。この辺りはいろいろとあったのですが、簡単に述べるなら、会社のスタイルと私自身が合っていなかったということになるんだと思います。

けれどもう引っ越しも決めてしまっていたので、私はさっさと別のバイトでも探そうと考えていました。こう言っては怒られそうですが、私はお仕事に強いこだわりというものはなかったので。とにかく生きていけるほどのお金があればいい、贅沢とかは望んでいない、そんな感覚でいたのです。そもそも無一文で飛び出してきたようなものだったので、こだわっていられなかったというのもあるのですけども。

そんなこんなでアルバイトを探し始めた頃に、今度はアスカさんの社長さんからわざわざ連絡を頂けまして。ソフィアじゃなくてアスカでどうだい、とありがたいお話をしてもらえ、今に至る、という形です。

アスカ入社まで
頑張ってますよ

引っ越すまでのこと

さて、無一文で引っ越しなんていう無謀なことを何故強行したのだと思われそうなので、先に当時の私のことをお話しようと思います。

前述の通り、私は贅沢な暮らしがしたいとかは思っていない人間です。ゲームは好きなので、まあ気になったソフトが出たら買うことはありましたが、それ以外はとことん無頓着です。ご飯もこったおかずはいらないし、洋服だって着回せるもの3着くらいあればいいや、という感覚で過ごしています。くわえて私は別に、都会に憧れていたわけではないのです。逆に都会のように人が多い場所は怖くて怖くて仕方がなかったです。叶うことならそんな場所に行かずに一生を終えたいと思うくらい、人の多い場所が嫌いです。

それでも千葉にまで来たのはちゃんとした理由があります。というのも、私はちょっとした問題を生まれつき、それか自分も覚えていないずっとずっと小さな頃から、抱えていたらしいからです。

らしい、という曖昧な表現であるのは、「こういうものは断言できないのだ」とお医者様に言われたからです。いわゆる心の病気というものですね、別に常に落ち込んでいたりはしませんけど、私もそういうものを抱えているようなのです。病気と言うほどですから、その気になれば治せるんでしょう。それにはとんでもない時間と努力が必要ですが。そしてなにより、すぐ傍に理解者がいなければなりません。

親でもいいでしょう。兄弟、姉妹もいいでしょう。友人でもいいし、近所のおじいちゃんおばあちゃんでもいい。誰でもいいんですけど、とにかく、この病気というものに関して理解を示し、適切な行動をとってくれる人が傍にいないといけません。

はい。私にはそういう人がいないどころか、周りには根性論で押してくる人ばかりでした。頭ごなしの説教で叱咤すれば人は成長するとでも思ってるんでしょうか、私にとって頼れる人っていうのはどこにもいませんでした。親もそうです、というか親がそうでした。全く運が悪いことに。

そういうわけで逃げ出してきたのです。もともと親元離れて暮らしてはいたのですけど、距離的にはさほど離れていなかったので。もう滅多に会うことがないよう、さらに遠くへ逃げてきたのです。

引っ越すまでのこと

アスカに決めた理由

そういう経緯で飛んできたのですけど、ここまでの話だと「拾われたからアスカに入社した」という感じがします。8割はそうなのですけど、一応は私自身も「ここがいいな」って思った理由もあります。

社長さんには、私も自分の抱えてる問題について話しました。そしたら深く聞くこともなく、かと言って同情するでもなく、「それじゃ最初はアルバイトって形ではじめて、慣れたら続けて行こうか、まぁ無理しない程度にね」とさらっとおっしゃったのです。さてこれが私にとってどれほどありがたいことだったか。特別扱いというよりは、個人に合わせてハードルの高さを変えてくれる人なんだな、と思ったのです。こういう方はとても珍しい、このチャンスを逃してはなるまいと、思ったのです。

最後に

ちょっと長くなりましたね。

つまりはまあ、社長さんは気楽にお話しできるいい人です。私もアルバイトではあるけど、頑張ってます。そういうことです。

次、どうせならもう少し楽しい話題で書きたいものですね。帰社会議の様子でも書こうかしらと考えています。あとイラストや写真、もっと挟みたいですね。私はいらすとやさんのフリー素材が大好きです。かわいい。

最後に
かわいい。

では、一旦終わりましょう。目を通してくださった方がいましたら、ありがとうございました。

ITサポート事務とは?

ITサポート事務とは?

アスカでは現在、エンジニアやプログラマーの他、総務事務や営業事務などの「事務職」でも募集しています。
アスカは人材育成に力をいれています。こちらの「事務職」というものも、
通常のデスクワークだけではなく、いわゆる「ITサポート事務」になります。
「やることにどのような差があるの?」と、多くの方が思うかもしれません。
このふたつの違いを、簡単に比較してみましょう。

一般的な「事務職」

すぐに頭に浮かんでくる「事務職」とは、どのようなお仕事でしょうか。
ひと言に事務と言っても、いろいろなお仕事がありますね。
経理事務、営業事務、一般事務、総務事務、秘書など。
その中でも、「一般的な事務職」というと、一般事務や総務事務があてはまりそうです。

これらの仕事内容を見てみると、
一般事務…資料作成、契約書作成、電話・メール・来客対応、ファイリングなどの庶務を担当
総務事務…社内の設備管理、備品発注、契約書作成、福利厚生の手続き等を担当
…こうなっています。

このことから、「社内の業務を円滑にまわすための業務」を担当するのが、
「一般的な事務職」のお仕事だと言えそうです。

「一般的な事務」と「ITサポート事務」の違い

事務職は、社内の庶務を担当する部署に所属し、社内で業務にあたります。

一方、「ITサポート事務」は、お客様のシステム開発の現場に常駐して業務にあたります。
お客様は都内の大手IT関連企業(メーカー、通信会社、金融機関のシステム子会社など)がほとんどです。

事務所以外でのお仕事が多くなりますが、通勤時間は30分~1時間を目安にしています。
あまり遠くの現場に常駐することはありません。

専門的なスキルが身に付く

ITサポート事務は、システム開発の現場で発生する庶務を担当します。
主にOffice(Excel、Word)を使用し、
会議の議事録を作成したり、資料の修正をしたり、データ入力をしたり…
「システム開発の現場の業務を円滑にまわすための業務」が多く、
実際にやっていることは一般事務とあまり変わりません。

庶務のお仕事を経て、システム開発プロジェクトの流れを理解しVBAや段取り力などのスキルを身につけると…
エンジニアのサポート業務、システム開発プロジェクトをまとめているプロジェクトマネージャーのサポート業務など、
PMOと呼ばれるマネジメント側のお仕事へとステップアップすることができます。

一般的な事務職はルーティンワークが多く、内容も「誰でもできる仕事」の場合が多いです。
スキルを磨くという意味では物足りないかもしれません。

ITサポート事務では、ITスキル、PCスキルが身につくとともに、
マネジメントのような「この人じゃないとできない仕事」を任せてもらえる人材になることができます。
ITサポート事務とは?

「ITサポート事務」特有のこと

名前の通り、システム開発の現場なので、IT用語など専門性の高い単語と遭遇する可能性があります。
IT初心者だと、「WBS?サーバー?データベース?」と、初めて耳にすることがたくさんあって焦るかもしれませんし…。
常駐した最初は、仕事を覚えながら現場のメンバーとコミュニケーションをとらなくてはいけないので、
決まったメンバーと、決まったお仕事をしたい人には負担になる可能性があります。

けれど、そんなに不安に思うことではありません。
誰だって最初は分からないことだらけですし、知らない人ばかりです。
新しいお仕事を始めた最初は、覚えることや挑戦することがたくさんあって当たり前。

わからないことは聞けばいいですし、IT用語は少しインターネットで調べればすぐにわかります。
最初から完璧に…なんて気負わずに、
お仕事をしながら、少しずつ、覚えて理解していけばいいんです。
くわえて、新しい人や物事との出会いを楽しめる人、
どんどんスキルアップしたい人にとっては、刺激がたっぷりあって、最適のお仕事だと思います。

もっと詳しく知りたい方へ

さて、ITサポート事務というお仕事、興味を持っていただけましたか?
「パソコンをほとんど触ったことがないのだけど…」
「どんなふうに勉強すればいいのか…」
「もっと具体的な仕事内容が知りたいな…」
そう思った方は、是非、一度VBAの勉強会に参加してみてください。

VBAとは、OfficeのExcelの機能のひとつです。
このスキルがあれば、表まとめやたくさんの計算作業も簡単に終わらせられちゃいます。
それに、もうひとつ上のステップのお仕事にも挑戦できるんです。

勉強会では、このVBAについて、アスカで現在活躍している方から直接、
各自の知識と実力に合わせて丁寧に教えてもらえます。
入社前の体験にいかがでしょうか?もちろん、未経験でも歓迎します!

VBA勉強会は、
毎週木曜日 午後7時から
アスカ浅草橋事務所(東京都台東区浅草橋1-12-3 KSビル3階)
で行っています。

会社の雰囲気を知るきっかけに、VBAのことを知るきっかけに、どうぞご活用ください!