11月23日、ゲーム会のお話。

こんにちは。ブログ担当のYです。 前々から言っておりました、11月23日、アスカ主催のゲーム会。アスカ主催というか、アスカから私を含めて2名、グループ会社のエクストリームから1名の計3名が進行役ということでやってきました。

予定では進行の3人をいれて、合計で7人という小規模なものでした。数人あとから来てくれた人もいて、最終的に10人はいたのかな、という感じでした。たくさん集まったわけではないですが、アスカ最初のイベントとしては成功でしょう。

クトゥルフ神話TRPG

状況説明の図。何??

メインで用意していたクトゥルフ神話TRPGの他、数々のボードゲームを遊び倒しました。クトゥルフは私が進行しましたが、結構がばがばだった気がします。大笑いしてもらえたので良し。

たぶん笑ったのはプレイヤーに星のカー…とかインド象とかがいたからだと思うんですけど。私は場合によっては陸上歩行が可能であれば人間でなくても参加許可しますので、大変なことが起きていました。

シナリオ用意したのが自分だったので、好き勝手に暴れてほしく…。

大人数でのボードゲーム

ボードゲームは鳥さんが用意してくれました。たまにブログのお手伝いしてくれている方ですね。

有名どころは「たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ。」でしょうか。配られたカードで愛の言葉を考えるゲームです。即興で考えたプロポーズを親役に選んでもらえれば勝ち。

ちなみに私は乙女ゲームの愛の言葉で5秒で耐えられなくなってゲームをブチ切る人間なので、なかなかに穏やかではない気分でヤケクソで遊んでいました。楽しかったです。

なお、ド直球の下ネタを投げてくる人もいました。私よりちょっと先にアスカに入った先輩でした。ブログに書けるものではないので割愛します。

個人的におもしろかったのは「私の世界の見方」と「Dixit」ですかね。 どちらも感覚で勝負するゲームです。自分の手札からカードを1枚出して、選んでもらえればオッケー。

他人を笑わせにかかるのが「私の世界の見方」。抽象的なワードに対して、親役が描いたイメージと自分の描いたイメージを限りなく近づけるのが「Dixit」。そんな感じでしょうか。

ちょっと購入を検討したいレベルで好みでした。Dixitではひとり勝ちしてきました。やったね。勝てる勝負はいいものですね。

あと、ほっぺが痛くなるくらい笑かされたのが「テレストレーション」です。 お題にそって絵を描いて、それを隣の人に当ててもらって、を繰り返していくゲーム。最初に出されたお題が最後までちゃんと伝わっているかどうか?というものです。絵の伝言ゲーム。

だいたい伝わっていなかったんですけどね。お題が難しいっていうのは勿論ありますが、それ以上にアスカに画伯がいらっしゃいました。下ネタ先輩です。 画伯の絵を受け取った次の手番の方が「ぶっ叩いていいですか?」とまで言った回もありました。

友達の絵と、
友達の絵と、
先輩の描いたオットセイです。

なお、わざと下ネタに持って行ったわけではないとのことです。 ブログに書けるものではないので割愛します。何故?ちなみに普段から下ネタを言う方ではありません。

お菓子もあります

ところで、集まってわいわい騒ぐと言えば。欠かせないのが美味しいおやつです。 市販のお菓子は勿論のこと、今回は可愛らしい差し入れもいただいてきました。

あとひと月もすればクリスマスですね。雪だるまが可愛らしい。こういうものを頭からばっくり食べるかおしりから食べるかどうか、みたいな話、よくあります。私は頭派です。 今回はトッピングがないオーソドックスなのを貰いました。砂糖がたっぷりで甘いやつ。美味しかったですよ。

 

遊んで食べて飲んで遊んで、気が付いたころには終電ギリギリという時間まで残っていました。 ちゃんと帰りましたよ。都会は交通の便が大変良いですが、終電逃した瞬間にどうしたらいいか分からなくなりますからね。

 

あまり長くなってもいけないので、この辺りで終わりにしようかと思います。遊ぶのに夢中で写真撮ってなかったんだな。 またこういうもの、やりたいですね。

それでは一旦はここでおしまいにします。お目を通してくださった方、ありがとうございます。

 

余談ですが、進行やってくれたエクストリームの人は私の大親友です。むちゃくちゃにかわいい絵を描きます。テレストレーションではその絵が見れたわけです。またやりましょう。